私的空間

心に留めおきたいこと・自分への覚書

あれから50年

マーフィー博士の潜在意識の教えが世に出てから50年だという。 mementmori.soboku.jp 人類最強にして最大の力とは 「10年ひと昔」というけれど、その5倍なら世界や科学はより進歩するし、人を取り巻く環境や価値観も大きく変化する。私達の住む世の中が…

偉大な原著『眠りながら成功する』

最近は書店やアマゾンでも、「その手の書物」との出逢いを求めることもなくなっている。それでもさまざまな関連本が出ているのは知っていたし、少しは気になって誰かの書評を読んだり中身拝見して、だいたい大筋をつかむようなことはしていた。けれどもう十…

共同作業と実現化

I am centerd. I am balanced.I am at peace. 今年のはじめ、アメリカの通販サイトでカスタムオーダーできるブレスレットを購入した。名前やすきなメッセージを刻印してもらえるので人気のアクセサリーだ。 そのブレスレットを肌身離さず身につけている。 I …

ロープの「引き」のバランスを保つ

王権をめぐって君主と家臣が権謀術数を繰り広げる、ある韓国時代劇でこんな名セリフがあった。 「王座というのは綱渡りの中心にいるようなもの。奸臣が綱を強く引けば一方に傾いてバランスが崩れる。忠臣が綱を強く引けば、同じようにバランス(王座)が崩れ…

メメント・モリ⑧ラスト

薄っぺらな引き寄せの法則本でもよく言われている。原理をよく理解していないかぎり、実現不可能なことなのだけれど。

オールマイティー・キット

自分のしていることが「幸せだ」と感じると、たとえお金をたくさん持っていなくても自分は成功していると感じるものです。 つまり自分がしたいことをするのに必要なお金さえあれば、他人と比較してお金持ちでなくても、それは成功していて幸せだということに…

木を見て森を見ず

私をだまそうとする観念 バシャールは観念システムをこう例えました。 「木を見て森を見ず」 森の中にいるときは木の一本一本しか見えず、森全体は見えません。 もし森全体がどんな風なのかを見るためには、一旦森の中から出て森を遠目に見晴らすことが必要…

新しい港はどこに

Get busy living or get busy dying. 「一生懸命生きるか、死んだように生きるか。」 スティーブン・キングの小説「ショーシャンクの空に」 今年の秋頃から大きな変動があるとバシャールは預言しました。 地球がどうこうという問題ではありません。 共同創造…

外的状況は内から

先日、「思考が先行する」ことを書きました。 想念が具現化する仕組みとは一体どういうことなのでしょうか。 何気なく本棚から手にした本、たまたまめくったそのページに、自分が求めていた答えが記されていることが多い気がします。 久しぶりに開いた本に、…

先行する思考

宇宙はあなた方を通じて拡大していく つまりあなた方は見えないソースエネルギーだった(今でもそうだが) そしてその「見えない世界」の有利な視点から、自分の「意識」の一部を物質世界の身体へと投影した。 人は五感を通じて世界を認識します。 人生の様…

あるがままということ

これは自分へのリマインダーです。 2016年の秋に変革が起こると言ったバシャール。 10月に行われたセッションでは、トランプのことは現段階ではまだ何も言えないと謎めいたメッセージを残したようです。 変革が起こったら自分も変わるのかと思うところ…

観察者

バシャールを含め、スピリチュアルを正しく解釈するなら、究極的には、誰もが同じ真実を語っていることを、悟るようになります。 「物質の本質は空・くうである」 「物質は幻想である」 仏教の般若心経の「色即是空、空即是色」という言葉も、同じように、「…

これまでいろいろな意味で影響を受けたスピ本

小学生で少女漫画にはまった夢見る夢子ちゃんは、中学時代に洋楽のファンになり、映画をよく観ていました。 そのかたわら、小説やエッセイなど色々なジャンルの本を読むのが好きでした。 そしてなぜか、家に「マーフィーの成功法則本」が数冊あり(父のもの…

2016年バシャール says

公開はしていますが、そもそもこのブログは自分のための覚書・日記として綴っているものであることをご了承ください。 今いろいろと騒がれている「予言」」などには一切触れていません。 バシャール本は下記以外、最近なかなか新刊がでてないと思っていまし…

メメントモリ⑩数十年越しの宿題

なぜ生きる このブログは自分自身を振り返るために綴っているものです。 同じような目的をもつ人にシェアするためだけに公開をしています。 メメントモリ①から続いています。更新はバラバラ&不定期。 話は⑨に戻ります。 私にそのヨギを紹介してくれたインド…

メメントモリ⑨現在・過去・未来

●「星占いをみてくれる人がいる 」 自分の死ぬ歳を聞かされたという話に戻りたいと思います。 人の生きざまと死にざまを目の当たりにする聖地バラナシからニューデリーに戻るまではまさかそんな経験をするとは思いもしませんでした。 「きつねに包まれる」と…

メメント・モリ⑧残された時間

残された時間は30年を切りました。 いえ、まだ30年近くもある。 10年くらい、時というのはあっという間に過ぎるものです。 予言されたある年齢から逆算しての話です。 結婚相手の予言が当たらなかったように、この世を去る年齢も当たらないのかもしれ…

メメントモリ⑦数年越しの宿題

大人の一言が子供に与える影響 生まれてまもないころは純粋な神秘性のかたまりなのに、成長するにつれ親や学校、周囲から「こうあるべき、良い子になれ、勉強しろ、スポーツもやれ、優秀かそうでないかでレベル分けされるのがこの世の宿命です。 そんな社会…

メメントモリ⑥知覚の扉

人生は自作自演の映画 この日記は「人生は自作自演の映画と同じである」というスピリチュアル的な観点で「メメントモリ」=死を想えをテーマに過去の自分を振り返って書いているものです。 人には色々な顔があると思います。その人がどんなことを考えている…

メメントモリ⑤スピリチュアル好きインド女一人旅回想「Youは何しにインドへ」

「Youは何しにインドへ?」 自分で頭の中を整理しながら「メメント モリ」①からずっと書き続けていますがいかに普段考えていることに、まとまりがないかを思い知らされます。 記憶がとんでいることも多いので、今のうちに書き留めておかないとますます忘れそ…

【メメントモリ④】スピリチュアル好きインド女一人旅・回想・前世を記憶する子供たち

前世を知りたいか インドで何でも見透かす占いなどの範疇を超えた摩訶不思議な人物に会ったということは①で書きました。 そのインド人のヨギ(ヨガの行者)に会った時、はじめに「お前の前世を知りたいか?」と聞かれました。 「結構です。」 そう答える余地…

【メメントモリ③】スピリチュアル好きインド女一人旅・回想・スピリチュアルなんてみんな興味ない

スピリチュアルなんてみんな興味ない 友人が多い方ではありませんが、私は人付き合いはこれまで、それぞれのシーンでそれなりにしてきたと思っています。子供時代、学生のころ、バイト先、社会人として、子育て中は子供を通じてママ友たち、最近ではブログを…

【メメントモリ②】スピリチュアル好きインド女一人旅・回想・ヒンズー教の聖地へ

『メメント・モリ』とは「死を想え」という意味で、ヨーロッパ中世末期にさかんに使われたラテン語の宗教用語。 海外一人旅もインドでは事情が違う? 自分のペースで行動する海外一人旅なら、限られた時間を最大限いかすためにも夜行列車での移動が効率的の…

【メメントモリ①】スピリチュアル好きインド女一人旅・回想・運命の葉っぱ

私は今ではすっかり出不精女になっていますが、若いころは思い立ったらすぐ行動に移すタイプで、海外旅行なども好奇心旺盛に、直感の赴くままよく一人旅をしました。