私的空間

エイブラハムの教え『引き寄せの法則』Low Of Attractionに傾倒、セミナー動画の内容と感想などまとめています

#エイブラハム・ショート「老親の世話を通して感じる不安」

f:id:soboku-kobe:20210830194150p:plain

印象に残ったエイブラハムのセミナー動画の要点を短く~

Abraham Hicks ~ How To Adore Yourself? - YouTube 出典元:エイブラハム・ヒックスパブリケーションズAbraham-Hicks Publications - Law of Attraction Official Site

7年聞エイブラハムを聞き続け、心身両面から自分が変わったという女性。

自己肯定感の低さはほぼ克服したものの、まだ完璧に乗り越えられていないと言う。

誰もが人生状況の様々な局面を、トライ&エラーを通じて一つ一つ学んでいくと、エイブラハムは教えていた。

女性を「かなり進歩している」と褒めたものの、波動からこの人の悩みの原因、「罪悪感」を見抜く。

女性:

認知症の母親の世話は全くいとわないし、責任もってやっている、何もしない兄への恨みはすでに乗り越えた。

自分に罪悪感があるとしたら、この先、介護を放棄しそうになったら…という事かもしれない。

同時に、施設にいる老人たちの姿を見て、自分の老い先がどうなるのか、誰にも世話してもらえなかったら、などと不安になっている。

エイブラハム:

母親はあなたに命、魂を提供した存在ではない、真の提供者はソースだ。(Soul provider)

だからあなたは(自分が母親を看なければいけないという)義務責任感から、自分を解放しなければならない。

彼女には彼女の人生と自主性があり、ウェルビーイングが流れ込んでいる。

介護などの奉仕が辛くなるのは、リソースが有限だと考るから。

自分ファーストの人は自分が満たされているため、惜しみなく人の奉仕に勤しむことができる。

universal forces( ソース、宇宙、内なる存在)からのリソースは無限で、誰に対してもあふれんばかりに流れ込んでいる。

そこへ身を委ね、ただ流れを受け入れなさい。

老衰、認知症、自分のことすら何もできなくなるのはなぜか?

多くの人にとってそれは、旅立つ前の準備の(移行手段?)ようなもの。

ここでの本当の存在理由を信じることができず、人生に抵抗しながら逝くこともできなければ、留まることもできない彼らの身の置き場として、ソースが用意した。

それは彼らを、物質世界から少しずつ撤退させるための、慈悲あふれるソースの計らいでもある。

(純粋エネルギーに還るのに、今の波動状態がかけ離れすぎている。何もできなくなることで、強制的に彼らの抵抗感を失くすための調整期間いう意味らしい)

ウェルビーイングを流れ込ませなさい。あなたが許容すれば、宇宙は全てのリソースを良いようにもたらしてくれる。

そうなった時、宇宙はあなたたちに、どんな時でも良いように融通をきかせたり、面倒を見てくれる(その人が許容すれば)

there are so many resources this universe will accommodate all of you in delightful and effective ways

universal forces 、源ソースに委ねると、いつもリソースを効率的に提供してくれる。

感想:

検査と薬漬けの双方の老親の世話を通じて、自分の時は潰える理由を病気以外から見いだせないかと考えていたこともあり、このエイブラハムの教えに希望をもらった。

女性や自分の親だけでなく、この世に生まれてきた理由や目的を知らぬまま、そして人生に抵抗しながら幕引きする人は多いのかもしれない。

「親は本当の意味でのsoul providerではない、皆それぞれにソースエネルギーの恩寵が流れ込んでいて、面倒をみている。だから今、背負っている重圧を解放しなさい」というエイブラハムの言葉に救われた。

物理的にはそうせざるを得ない。けれども今はエイブラハムの教えがあるから、介護なども率先して喜びを感じながらやれている。

女性のように兄弟を恨みがましく思うこともなくなったけれど、同じく将来の自分の、その時のことを案じることもあった。

降り注がんとしているウェルビーイングを受け入れれば、両親にも介護する自分にも、ソースは何かと融通を利かしてくれると信じよう。

介護する者、される者両方にソースエネルギーは流れこもうとしている。

宇宙を、US force ならぬ、universal forces (ソース軍)と呼ぶエイブラハム。全てを包み込むその最強の軍隊に、身を委ねるだけで、いつも強固に守ってもらえるとはありがたい。

いつかその時になったら、希望してやまない「ピンピンコロリ」も、叶えてもらえそうな気がする。

mementmori.soboku.jp

mementmori.soboku.jp