私的空間

エイブラハムの教え『引き寄せの法則』Low Of Attractionに傾倒、セミナー動画の内容と感想などまとめています

「流れに乗り遅れるな、中道はない」エイブラハムのメッセージ・転ばぬ先の杖

いまここでわたしたちがwしていることは、地球上のみならず、それを超えるレベルで起こっている、大規模な集合意識の変容の一環なのです。
意識が物質、形態、分離という夢から覚めること、とも言えるでしょう。「時間の世界」に、終わりを告げるのです。
エックハルト・トール『ザ・パワー・オブ・ナウ』

さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる

エイブラハムによると、今ほど「創造のエネルギー」が地上で高まった時代は他に類をみないという。思考を巡らしたものが、すぐに物質世界に現れる時代だというのだ。

それはいい意味で輝かしい時代、より大きな望みが生まれ、高揚感とともに許容する時代。反面望ましくない事も、かつてないくらいに起こりうるという記述が『エイブラハムの教えビギニング』にある。

今のような先が見えない時代、転ばぬ先の杖となるものはあるのか。

参考動画:DO THIS! BEFORE FEBRUARY 2021 "Miracle Year" Joe Dispenza & Abraham Hicks - YouTube 一部抜粋、意訳しました

出典元:エイブラハム・ヒックスパブリケーションズAbraham-Hicks Publications - Law of Attraction Official Site

流れに乗り遅れるな、今こそ目覚めの時

我々は目覚めの時が来ていることを、しばらくあなたたちに言い続けてきた

注:we've been saying to you for a while that this is the time of awakening

より大きなコントラストで、より多くの願望ロケットが打ち上げられ、その数だけソースが応える時代なのだ

もしあなたが世界を創り上げるエネルギーの流れに、足並み揃えられるなら

本当の自分との波動周波数に合わせられるなら

物凄い方法で繁栄するだろう

できないならその逆をいくだろう

富める者はますます富み、貧する者はますます貧する

健やかな者はどんどん健やかになっていき、病めるものはどんどん病んでいく

中道はないのだよ、何故かって?

世界を創り上げるエネルギーが、かつてないほど動きを速めているからだ

そのエネルギーの流れにぴったり追いつけとは言わないが

流れに向かう手段は見つけるべきだし、その方がいいのだ

そうしないと辛い目に遭うだろう

高速道路を運転していてあなたの車が、他の車に衝突したとしよう

同じ道を走っている車と衝突するのは、別方向から走ってきた車と衝突するよりずっと被害が少ないものだ

つまりネガティブ思考を感じて、世界を創り上げている流れに逆行すると物事はうまくいかない

あなたたちはソースエネルギーの延長として、身体を持って生まれてきた

コントラストを通してあなたたちが頼んだリクエストは、ソースが応えようと全神経を集中させている

あなたたちに聞く

引き寄せの法則があなたの人生経験の要因だと理解しているか

何か一つのことに関心を寄せたあと、早かれ遅かれ自分の経験となったことがあるか

身体を持つようになってたくさんの思考をしてきたこと、そしてそれが引き寄せポイントのベースとなることを認めるか

ちょっと前に考えていたことは、今は考えていないならそれは引き寄せポイントのベースにならないことを認めるか

自分の中で活性化した思考だけが、あなたの引き寄せのベースだと理解しているか

よく分からなかったり確信できなくても、そういうことだということをどうか分かってほしい

以前の思考はずっと考え続けていない限り、影響することはない

あなたたちが気にする顕在意識、潜在意識でも何でもいいが、感情が伴ない思考なら、それほど心配することないのだ

あなたの思考があなたの現実を創りあげていることを理解しているか

f:id:soboku-kobe:20210529091202p:plain

ウェルビーイングのエネルギーが呼んでいる

次に引き寄せの法則の別の要因を考慮していほしい

これは本当に役にたつだろう

この情報はなぜ感情のガイダンスシステムが、それほど役立つのかを理解する助けになるからだ

電気の仕組みが分からなくても、トースターが使える話は聞いたことがあるか

身体を持ってここに生まれてくる以前は、あなたはソースエネルギーの一部だったことを理解しているか

見えない存在の自分が、まだ身体に残っていることを受け入れられるか

神やソースなど名称は何でもいいが、永遠に拡大成長を続ける純粋意識の存在を受け入れて、我々と行動を共にしたいか

渦巻くウェルビーイングのエネルギーが、コントラストで最も望まれたものへと向かっている

引き寄せの法則がそのエネルギーに呼応している

あなたたちの望みにも同じくらい応えようとしているのだ

もう理解しただろうか

なぜ今、ソースエネルギーがあなたを呼びかけしているかを

なぜウェルビーイングに向かわせようとする流れがあるのかを

源ソースとはどんな感じ?

ソースからの呼びかけを感じた時は、とても高揚した気分になるだろう

それはあなたがそれと近い波動状態でいる時に、最も純粋な形でやってきて情熱、愛、感謝、幸福の感覚をもたらす

大渓谷をヤッホーとすべるように下って、喜びのあまり宙返りしたくなるような感じ

太陽の輝き、空に架かる虹、ロリポップキャンディ...

ピュアな愛、歓喜、狂喜乱舞、あなたの身体を通して波打つエクスタシー...

ソースエネルギーとはそのような感じの存在なのだ

あなたはこの感じを味わうために生まれてきた

こんな感覚を味わいながら生きると、幸せいっぱいになれる理由が分かるだろうか

ネガティブ性を感じる時、この流れに逆行するのが分かるだろうか

この早くて大きなエネルギーの流れは決して待ってくれないのだよ

それともまだ、この素晴らしいウェルビーイングの流れに逆らうのだろうか

「 転ばぬ先の杖」スピリチュアル・アウェクニング

エイブラハムがヒックス夫妻と共に草の根活動を始めた1980年代後半以降はイノベーションなども含め、全てにおいての進化の速さを感じずにいられない。

振り返ってみると、数々の未曾有の天災・人災も地球規模で経験している。

2020年に発生したパンデミックは瞬く間に世界を席巻し、今もその禍根を深く残している。世界を創り上げるエネルギーがかつてないほど動きを速めているというエイブラハムのメッセージが、これにも当てはまるような気がしてならない。

スピリチュアルの方では、アセンションだとか変容の時とやらでさざめき立っているので、やっぱり見えないところで何かが起きているのだと思う。

そんな中まわりを見渡してみると、どれだけの人が「気づいている」か、さっぱり見えてこない。

エックハルト・トールなどは、「地球をこれ以上、ネガティブ性で汚染させないでください」と懇願する。

恐れを抱いて生きる人が減れば、その分地球の災厄も少なくなるというのがスピリチュアルでの定説なので、トールの主張は同意できる。

ここでヘンな話ながら、公共トイレの貼り紙に「汚さないで!」と書くより、「きれいに使用して下さり、ありがとうございます」とある方が清潔を保てるという話を思い出した。

「なぜこんな大事ことに耳を傾けようともしないの?」

スピリチュアルを学んでいると気づいてない人に、批判めいた気持ちを抱かなくもないけれど、エイブラハムはそれに「抵抗している」とNGを出す。

「それよりあなたたち一人一人が、アライメントして見本となりなさい」と言うのだ。

一つアライメントするごとに、他の誰かが気づき始める。一人、そしてまた一人、さざ波が広がるように静かに伝播していくものらしい。

「きれいに使用して下さり、ありがとうございます」と感謝することは、気づいていない人に強要することなく、自発的に気づきの機会をもたらすのと同じではないか。

エイブラハムはソースエネルギーと繋がった人は、そうでない人の何百万人分のパワーがあるとする。

そういう人たちは決して表舞台に出ることなく、控えめながらも相当なパワフルさでもって、地球のネガティブ性の緩和、つまり平和に貢献していると聞く。

何が起こってもアライメントしていれば転ばぬ先の杖になり得るようだ。エックハルト・トール流にいえば「いまに在ること」にいれば、揺るがずに生き抜けるし、「大いなる存在」からのガイダンスが受けられることも。

例えば9・11のような大惨劇から、難を逃れた人もいる。 mementmori.soboku.jp

エイブラハムをはじめとする、スピリチュアルの「アライメントは自分だけのものでもない」とする教えは、やっぱり素晴らしい。その一助となるためにコツコツ進むという決意を新たにした。

波動的無責任についてはこちら mementmori.soboku.jp