私的空間

エイブラハムの『引き寄せの法則』Low Of Attractionに心酔、動画の内容と感想などまとめています。

人生経験に先手を打つ「セグメント・インテンディング」波動のクリエイターになろう

『引き寄せの法則』エイブラハムの教えの実践者なら「節目ごとの意図確認」については、すでにご存知かと思う。

セミナー動画を視聴続けてきて、そこにエイブラハムの偉大な教えがあることを知った。

『エイブラハム・リスナー上級者対象』というタイトルの動画をもとに、「セグメント・インテンディング」=一日に区切りをつけるエクササイズの意義をまとめてみた。

出典元:エイブラハム・ヒックスパブリケーションズAbraham-Hicks Publications - Law of Attraction Official Site

youtu.be Only for ADVANCED Abraham's Listeners. | Law of Attraction

Segment Intending 「節目ごとの意図確認」

私たちは、思考への刺激が多すぎる中で暮らしている。特に考えもなく過ごしていると、古い習慣や他人の思考に振り回されて混乱してしまう。

エイブラハムの教えの実践者にとっても、ネガティブな感情に陥る度にいちいち思考転換するより、予防線を張りたいところ。

またステップ3からステップ4に進むためにもエイブラハムは、一日に区切りをつける「 セグメント・インテンディング」を勧めている。

エイブラハム:「もっと毎日、自分が望むことを決めていきなさい。思考を巡らすことで、創造のプロセスが発動すると期待しなさい。一つ一つ受け取る中で、自分の創造の力を認識しはじめるだろう」

mementmori.soboku.jp

セグメント・インテンディング Segment intending とは

segment は「区切り、区分、部分」などの意味。intending は intend の現在分詞で「意図すること」。

『引き寄せの法則』本では、翻訳者の名訳により「節目ごとの意図確認」とされた。

エイブラハムの Segment intending「セグメント・インテンディング」 とは
* この場面で自分にとって最も重要なことは何かを考える
* 今から経験したいことに意識的に思考を向ける
* 場面が切り替わる度に自分が望むことを認識することは、やがて人生経験を意図的に創造する大きな力になるという教え


具体例(動画より)

セグメント・インテンディングとは、一日の中でこれまでとは少しでも違うシチュエーションに切り替わる度に、自分の意図を認識すること。

例えば 「映画を選ぶ」と「映画を観る」とでは意図すべきことが違う。「誰かが部屋に入ってきた」と「自分が部屋に入った」も、一見似たようなシーンでも異なる意図がある。

新しい場面が始まったら、そのシーンごとに自分が何を好み、望むのかを考える。これは「明るい気持ちでいる」「人生を愛する」などの、全般的な意図とは志向が違う。

トレイシーのエピソード「した時としなかった時の差は?」

トレイシーは(エスターの娘さん)大学時代、アルバイトでウエイトレスをしていた。職場へ向かう15分間ほどの車の中で、セグメント・インテンディングをしてから仕事にかかっていた。

「今夜は気のいい客たちに美味しい料理と素敵な場を提供して、客も自分も同僚も素晴らしい時を過ごしたい」

トレイシーがそんな風に意図確認をした時と、しなかった時の差は歴然だった。意図するのを忘れた日は、嫌な客たちが彼女の担当テーブルに座るなど、あまり良い日にならなかった。

そんな時トレイシーは、「エイブラハムが言ってるように、起きていることに反応している。これでは自分が意図的に現実を創っていない!」と気付いた。

セグメント・インテンディングをしていれば、「こんな人たちと交流したい」などの望みを、宇宙はいつも叶えてくれる。

セグメント・インテンディング「なぜ区切る必要があるのか」

場面を区切ってエクササイズするには訳がある。

理由1「時間を特定した意図が持つパワーは強力」

エイブラハムによると、セグメント・インテンディングは、引き寄せの作用点をどこへ向かわせたいのか確かめたり、「今この瞬間」が持つ大きなパワーに気付くための最良の方法。

私たちの創造力はすべて「今この瞬間」にある。けれども創造力はこの瞬間だけでなく、未来に向かっても放出される。

瞬間瞬間、区切りをつけて意図を特定するパワーは強力。すべては引き寄せで、意図する者に協力的な宇宙の存在がある。

自分の望みを場面ごとに特定して、思考を先行させるようにしていれば、自分の現実を創る創造主になれる。

セグメント・インテンディングをしないと、経験することにただ、リアクションするだけの人になってしまう。他人の影響を受け、望まないものをうっかり創り出すことも。

理由2「一口サイズなら食べやすい」

例えば食事をするとき、料理が大きな塊で出されたらどうだろう。食べられないわけではないが、一口サイズにしてあると食べやすい。

同じように時間を細分化して、一つ一つこなしていく方がコントロールがしやすい。

補足:会社の朝礼などで行う「売上目標○○円!」などの宣言は、セグメント・インテンディングにならない。ネガティブ思考が入り混じった口先だけの言葉は、宇宙に聞き届けられないため。

Getting out ahead of it 先行する

エイブラハムの教え「反応せず、一歩先を行きなさい」

セグメント・インテンディング の大前提には、実は Getting out ahead of it というエイブラハムの偉大な教えがあることを、動画から学んだ。

創造のプロセスを知る上で、非常に重要な教えになるのが下記。

Getting out ahead of it 「一歩先を行くこと」とは?

Getting out ahead of it の訳
それに先行する、先駆ける、先手を打つ、先んずるの意味


(個人的に「一歩先をいくこと」と理解している)

この世には様々な意図を持つ人々がいて、あまり好ましくないものにも出会う。

一般の人にとって、人生との関わり合い方は「起こる状況にリアクションすること」なので苦労が絶えない。それは意図的に人生を創造することに反する。

意図することで未来への道を敷かないでいると、惰性のまま生きることになる。引き寄せの法則でもたらされた経験に混乱したり、他人の意図に右往左往するばかり。

すでに起きた状況をコントロールすることは不可能なので、一歩先をいく必要がある。これが Getting out ahead of it というエイブラハムの教え。

「そうなりたいこと」を意識して実行すれば、やがて引き寄せの法則によって私たちの意図に反映されるようになる。


エイブラハムの願いは私たちに状況や条件にリアクションしたり、振り回されないように、一歩先を行ってもらうことなのだ。

波動のクリエイターとなるために

Getting out ahead of it! 「一歩先をいく」、状況に「先手を打つ」とは、かなりスケールの大きい教義にも思える。

一体何から手をつけるべきなのか。エスターも最初はなかなか理解できず、エイブラハムを質問攻めにしたらしい。

エイブラハム:「人生にリアクションせずに、自分が人生をプランニングすることだよ」

とはいっても先の長い人生、すべてに先手を打つことなど不可能だ。また人は直近にならない限り、「何をどうしたいか」などわからない。

そこのところを嚙み砕いたのが、セグメント・インテンディング。

長いスパンでは上手く出来なくても、細かく区切りながらチャレンジするのはそれほど難しくないはず、とエイブラハムは教えている。

大事を成すには小事から。

最初は以前の波動が残っているなどで、なかなかうまくいかないこともあるかもしれないけれど、何事も修練あるのみ。

創造のプロセスは、創造主の意図で発動する。ある意図に焦点を定めて、物事を創り出している。

どんな時も自分にとって一番重要な事が何かを意識していると、自然と創造のプロセスが、自分の思うようになっていく。「波動のクリエイターになる」とはそういう意味だ。

現在にいる自分が未来に思考を向ければ、そこへ達したときには、すでに道が敷かれている。今日経験することは、以前の自分の思考の結果なのだ。

エイブラハム:
「一日を通じて「節目ごとの意図的確認」をしていると、自分の意図が確立していく力強さと勢いを感じ、自分は輝かしい存在で怖いものは何もないと感じるだろう。

そして自分が二度、三度と自分の人生経験をコントロールしていることを感じれば、自分はなんにでもなれるし、なんでもできるし、なんでも手に入ると思えるだろう。」エイブラハムとの対話より

エイブラハムのフォロワー、必見!

セグメントインテンディングは、人生経験を絶対確実に意図的にコントロールしたい人のための「宇宙の法則」を応用する、実践的プロセス。

エイブラハム「今日からでもすぐに始めて、可能なら残りの人生全てに実践して欲しい」

今の自分について考えていても、未来の自分について考えていても役に立つ。どちらも創造していることに変わりないからだ。目的意識を持って行うところに大きな価値がある。

動画でエイブラハムは、フォロワーにこんな風に語っている。

「皆さんには、これまで実践してきたことを評価して欲しい。今の時点で何が実現した、してないかについてあまりこだわりすぎることなく、我々と今いる場所の完璧さを受け入れてくれるなら、そしてやんわりとセグメント・インテンディングを続けてくれるなら、これまでにないくらい、宇宙が協力的なことを発見するようになる」

「全てのことがうまくいくようになり、自分が創造をコントロールできるようになると、人生が格別に面白くなるんだよ」

「セグメント・インテンディングは宇宙に、本当のあなたと同調する機会を与えている」

動画の感想

セグメント・インテンディングの「区切り」を、「一口サイズ」に言い換えたエイブラハムのセンスには感動した。叡智の存在のボキャブラリーと、説明の絶妙さには毎回感心する。

エイブラハムが「やんわりと実践して欲しい」と言っていたのが印象的だった。

「駐車場の空きがありますように」と意図したのに、空いてない時もある。そんな時はハハハ、と笑いとばすくらいの方がいいかもしれない。

何でも白黒つけたがる人がいるけれど、エイブラハムの教えの基本は、Go general! 「ざっくりといこう」。気楽に、つまり深刻に考えすぎないこと。

そのあたりに柔軟で、ある意味無頓着になれる人が、全てのことがうまくいっていることに、ある日気づくようになるのだと思う。

波動のクリエイターとなるために、さっさと次へ進もう。

参考書籍