私的空間

エイブラハムの教え『引き寄せの法則』Low Of Attractionに傾倒、セミナー動画の内容と感想などまとめています

エイブラハム「フォーカスの輪 」の書き方・否定的思考を一掃・人間関係にも効果絶大

『パワーか、フォースか』のデビッド・ホーキンス博士は、出会う人すべてにフォールインラブしたという。博士くらいの非凡な覚醒者ならともかく、普通にスピリチュアル・アウェイクニングを目指す人にとっては、誰彼なしに愛することなど至難の技。

博士によれば地球上で人口の85%はネガティヴ性の中にいるので、「外に出れば七人の敵がいる」と言われるのも、無理のないことかもしれない。

エイブラハムは人生の最大の問題も喜びも、人間関係から生じる、 その中で悲しみを感じるか、喜びを感じるかの決定権を握っているのはあなただと教える。

思考をコントロールすることで、自分を内側から変えていくと外側の幸福を享受できるというのが、エイブラハムの教えの根幹になる。

人間関係という共同創造を通じて気づきを高めるには、一つ一つに向き合い、消化していくしかない。

エイブラハム本の中で紹介されているワーク(エクササイズ)のうち、即効性があってなおかつ、難しくないのが「フォーカスの輪」と「肯定的側面のリスト」。

特に実践し始めたばかりの人に、エイブラハムが強く勧めているワークが「フォーカスの輪」。

フォロワーたちも数年来、その効果を絶賛している。特に人間関係に、劇的な改善をもたらすのでやってみる価値は大きいと思う。

get into the Vortex

エイブラハムの「フォーカスの輪」について

遊園地のメリーゴーラウンドが、ゆっくり回っているときは簡単に飛び乗れるけれど、どんどん早く回転しだしたら飛び乗れなくなる。それでも乗ろうとすれば、はじき出されて草むらに転がりこむかもしれない。

これと同じように一つの抵抗を感じる思考が高速で回転していたら、ヴォルテックスの中に入ることができず、草むらにはじき出されてしまう。

エイブラハム:「フォーカスの輪は、刻々とスピードを速めつつ回転して、すべてを引き寄せている「創造のヴォルテックス」のミニチュア版といっていい」

人間関係以外でも、ごく普通の一日や社会生活を送っていると、自分の中に抵抗が起こるような出来事は避けられない。

そのままにしておくと、ネガティブな感情が心に居座ってつらくなるし、波動も低くなる。

そんな時に抜群な効果をもたらすのが「フォーカスの輪」で、下の本にも紹介されている。

理想のパートナーと引き寄せの法則 幸せな人間関係とセクシュアリティをもたらす「ヴォルテックス」 (引き寄せの法則シリーズ)

ネガティブからポジティブに思考転換するのが、難しく感じる時はこれが本当に効く。

「今どう感じているか」が、自分の現実を創っている。 例えば誰かに不当に扱われていると感じていると、似たような状況が引き寄せられる。

それが宇宙の絶対的法則なので、感じ方を変えて自分の望む状況を創りなさい、というのがエイブラハムの教えだ。

それにはまず今、抱いているネガティヴな感情に気づくこと、そして自分の中で浄化することが不可欠になる。

エイブラハムの「フォーカスの輪」は、自分の中に否定的感情に気づき、対象の肯定的側面を書き出すことで、ポジティブな感情に転換させるワークだ。気持ちを抑圧することではない。

やり終えた後は、嘘のように気持ちが晴れ晴れとするし、心のわだかまりが消えるだけでなく、相手に感謝の念すら湧いてくるほど。

もちろん人間関係でなく、人生全般のどんな悩みにも使える。

イメージ画像、書き方と記入例

動画でエイブラハムが説明している通りに「フォーカスの輪」のイメージを作った。

エイブラハムの「フォーカスの輪」

*ピンク色の矢印の位置からスタート

【書き方】

紙に大きな円を書き、自分が抵抗を感じていることについて、かわりにどのように感じたいのかを、中心部分の円に書く。

その周りの12の小さな円に「感じたいこと」と一致することを、12時の位置から時計回りに書き込み始め、11時の円まで書き続ける。

例えば「娘が自分に反抗的でつらく当たる」ことが悩みなら、円の中心には「娘に自分を理解してもらいたい、仲良くしたい」と書く。

その周りの小さな円に、彼女の肯定的側面、長所、関係性で良いと思う点、感謝の気持ちなどを思いつくまま書く。

ネガティブ思考でいる時は、ヴォルテックスの外側にいる。

波動の天国、ヴォルテックスの内側に入るには、ネガティブ思考をヴォルテックスの外側へ掃き捨てなければならない。

肯定的側面だけを書き込むことで、「娘との良好な関係」というテーマのヴォルテックスが高速回転して、不調和をヴォルテックスの外側へ掃き出し、ヴォルテックスの内側にとどまることができる。

自分の思考と感情を俯瞰する、つまり大局で考えると問題の全体像が見えてくるもの。

ワークが終わると、自分や娘に対するネガティブな感情が一転し、心向きがポジティブになって、愛情と感謝を感じている。

エイブラハムによると「フォーカスの輪」と「肯定的側面のリスト」によって、抵抗の波動が皆無となり、ヴォルテックスの中に自然に入ることができるという。

参考にした動画:Abraham Hicks 2020 - Clearing Resistance with a Focus Wheel - YouTube 出典元:エイブラハム・ヒックスパブリケーションズAbraham-Hicks Publications - Law of Attraction Official Site

「フォーカスの輪」をより書き込みやすく。「フォーカス・ブロック」具体例

エイブラハムの「フォーカスの輪」は、紙に円と枠を描いて、小さな円それぞれに書き込みする形式のため、少々書き込みにくい。

これをもっと書きやすくしたフォーマットを見つけた。名付けて「フォーカス・ブロック」。

注意:下記は Stingrayさんというフォロワーが考案、エイブラハムの掲示板(海外サイト)にシェアしたフォーマットです

エイブラハムの「フォーカスの輪」の書き込みやすいバージョン

「フォーカスの輪」を書きやすい仕様にした「フォーカス・ブロック」の書き方
* 一番上に、今自分を悩ませていることを書く
例:「昨日の上司の態度に嫌になった、彼は自分を評価していない」など

* その下に、代わりに自分はどう感じたいのかを書く=フォーカスの輪の中心に記入するテーマ
例:「上司に評価して欲しい」など

* 1~12の順番に、「自分はどう感じたいか」というテーマに一致する考えや、相手の長所、関係の肯定的側面などを見つけ出して記入する
例:上司は仕事ができる人なので、一目おいている、など

* 12箇所書き終えたら一番下の欄に、このワークによって得ることができた結論、最良の思考と感情を書き入れる


具体的な記入例:

内容は『理想とパートナーと引き寄せの法則』の例から引用。

エイブラハムの「フォーカスの輪」の記入例

出典:https://www.inwardquest.com/questions/5901/manifesting-experiment-2-the-focus-blocks-method-manifest-what-you-want-by-deliberately-feeling-better-about-it

*エイブラハムの「フォーカスの輪」も同じ要領で書き込む


「フォーカスの輪」を行う目的
少しでも楽になれる思考を書くことで、自分の中に生じている抵抗の波動を一掃して、高い波動へ調整、転換させること
=ヴォルテックスに入ること


ところで以前はダウンロードできていたStingrayさんのこのフォーマット、10年以上も経つ現在は無効となっている。

「フォーカスの輪」や「フォーカス・ブロック」はそれほど形式にこだわらずに、白紙のノートに手書きしたり、端末のノートパッドに箇条書きで入力する方法でもいいかもしれない。

もし素人仕事で差し支えなければ、筆者がCanvaで作った「フォーカスの輪」のフォーマットを ↓

https://drive.google.com/file/d/195kyHRLTX9ya1QQRi3utHBQbKnDOH_I1/view?usp=sharing

留意点「努力して書かない」

明るくて前向きな気分になることは、アライメントすること、そしてヴォルテックスに入ることを意味する。エイブラハムは「フォーカスの輪」は創造のヴォルテックスのミニチュア版としている。

円の外側はヴォルテックスの圏外で、ネガティブ思考はここへ捨て置く。円の内側(ヴォルテックス)には決して入れないこと。

「フォーカスの輪」書く際に注意すること:

*ネガティブを感じている間でも比較的、明るい気分になった時に書く
* 自分の中から自然にあふれ出てくる言葉を書き出すようにする
* 本当の自分(内なる存在)なら、どんな風に感じるかの視点から書く
* 努力しない、無理に書かない
(努力すると否定的感情を、とりあえず都合のいいように変える言葉を見つけるだけで、負の波動を強化してしまうため)
* もし「抵抗」の感情が根深く、1枚のワークでスッキリしない場合は、何枚でも別の「フォーカスの輪」を書く


間違っても、対象への不平不満や愚痴を書かないこと。それは他の多くの人が日常的にやっていることで、抵抗の波動を強化して自分自身を苦しめる結果につながる。

さて、このワークで12箇所書き終え頃には、気持ちが晴れ晴れしてくる。そうなればこのテーマの波動を新しく正しい場所へ移動させることに成功した。

エイブラハムが教える一連のワークの順番としては、「フォーカスの輪」で明るい前向きな気分になったら、次のステップの「肯定的側面のリスト」へ続き、ランページ(宣誓)へ移る流れとなる。

コロナ禍こそ?!「フォーカスの輪」

何か失くし物をした時、さんざん「ない、ない!」と探し回っていた時は見つからなかったのに、一旦あきらめたら、ひょこり見つかったという経験はないだろうか。

私たちは問題と解決策を、同時に考えることはできない。エイブラハムは問題より、解決策の方にフォーカスしなさいと、つねに教えている。

失くした物に執着して騒ぐよりも、「忘れた頃に出てくるだろう、仮に見つからなくても大丈夫」という風に心に余裕を持っている方が、良い結果がもたらされることが多いということ。

2020年夏のコロナ禍でのセミナー動画を拝聴したところ、やはりこの状況下でさまざまな不安を感じている人は多いようだった。

そんな彼らにエイブラハムが勧めていたのが、この「フォーカスの輪」の実践だったので、今回記事にした。

コロナ禍で影響を受けた人は少なくないと思うけれど、この状況下に対して、エイブラハムが発信してくれた内容は、安堵と希望さえ感じるものだった。

叡智の存在はこんなことを語っていた。

「今は地球規模の再起動中で、集合意識のウェルビーイングの流れが、かつてないほど力強く動き始めていている。」

「そのエネルギーに気付いてアライメントできる人は、ヴォルテックスにある大きなモメンタムに乗ることができる。」

「現状について見て見ぬふりしろとは言わないけれど、教えの実践者ならどんな状況の中でも、最善の見方をすることができるはずだ。」

「物事は常に移り変わるもの、以前のノーマルはもうない、それに今起こっていることも一時的なものに過ぎない。」

「私たちがすることは現状より解決策に目を向けること。今はゆったり過ごせばいい、この機会にちょっと一休みすればいい。危機は何かにフォーカスしたり、成長・拡大する良い機会なのだ。」

コロナに当てはめるなら、失くし物の例のように「~ない、ない」と大騒ぎするのはやめて、「そのうち良くなる」などとのんびり構えている方が、後々得るものが大きいということだと思う。

そして実際にそれが何かは皆目わからないけれど、いい流れが来そうな感じなのだ。

水に浮かぶコルクの例も動画でも取り上げられていたので、不安になった時はエイブラハムの教えの基本に戻りたいと思う。

さて、エスターも「フォーカスの輪」をしているとのこと。時には何枚も書くことがあるらしい。

案ずるより産むがやすしで、とりあえず何かに抵抗を感じた時は「フォーカスの輪」をやってみることをおすすめする。

次のステップについて

mementmori.soboku.jp