読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私的空間

DVDのタイトルは『私』 自分への覚書

先行する思考は波動の預託口座に蓄えられる

宇宙はあなた方を通じて拡大していく

つまりあなた方は見えないソースエネルギーだった(今でもそうだが)

 

そしてその「見えない世界」の有利な視点から、自分の「意識」の一部を物質世界の身体へと投影した。

 

 

人は五感を通じて世界を認識します。

人生の様々なシーンを身体と感情で体験し、自分のそんな視点で一生を見るという中で「自分はこちらの方がいい」と好みや傾向をみつけてさらに良いものを模索していきます。

 

日々生きて経験し、また他人を観察する中であなたは「望まない」ことに出会う。それがあまりにも劇的なのでこう叫ぶかもしれない。

「こんなことは望まない!」

望まないことにぶつかれば、自分が望むものがよりいっそうはっきりする。

だが意識している、しないにかかわらずあなた方は思考の最先端に生きており、その人生のディティールから毎日新しい願望が生まれている。

 

ほとんどの人たちがこの拡大のプロセスに気づいていない。

 

この身体に生まれる前は「見えない世界」の視点からこんなにワクワクする楽しいことはないと思っていて、宇宙の拡大の論理を理解していたのです。

 

もっと広い「見えない世界」の自分(ソースとか内なる存在など)は、新しい考え方を全面的に受け入れ、あなた方が願ったとおりの波動となり現実化に導いている。

 

常に思考が先行する

 

今自分が経験しているすべてのことは、かつては自分が思い描いた思考やアイデア、つまり想念が波動として物質界の現実となったものです。

 

まず思考があり、それにさらにもっと多くの思考が注がれ、その思考が形を取り始めて、ついに人間が「現実」と呼ぶものが出現する。

 

もっとよくなりたいという願いや意志や希望は、エイブラハムいわく思考が生んだ「波動の預託口座」に蓄えられていくのだそうです。

この口座は私達が望めば宇宙に保存・管理され、育てられていき、引き出される日を待っているとか。

 

いわば「自分の中で生まれた思考を完成させなさい」と呼びかけているようなものなのです。

その呼びかけの最も純粋で抵抗のない形、それが私達が感じる情熱や意欲というわけです。

 

バシャールのいうワクワクもこれと同じことのような気がします。

心の声に従って、ワクワクに従うと貯金のように蓄えられた思考が波動となり、物質化&現実化するようです。

 

引用は私のバイブル的スピ本:ヒックス夫妻「引き寄せの法則」青

バシャールが断片的に説く内容の、具体例と実践方法が、より深くわかりやすく解説されているシリーズです。

実践 引き寄せの法則 感情に従って“幸せの川

実践 引き寄せの法則 感情に従って“幸せの川"を下ろう (引き寄せの法則シリーズ)

  • 作者: エスター・ヒックス,ジェリー・ヒックス,Esther Hicks,Jerry Hicks,吉田利子
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2008/03/26
  • メディア: 単行本
  • 購入: 4人 クリック: 35回
  • この商品を含むブログ (12件) を見る