私的空間

心に留めおきたいこと・自分への覚書

エックハルト・トール【Life is Here to Challenge All of Us 】日本語訳「自分の人生に難題が降りかかる意味」

f:id:soboku-kobe:20200524100817p:plain:w400

Pin on Quotes

「自分の内側からによってのみ世界を変えることができる」エックハルト・トール

エックハルト・トール動画【Life is Here to Challenge All of Us 】

著作権と出典元:エックハルト・トール公式サイト:Home - Eckhart Tolle | Official Site - Spiritual Teachings and Tools For Personal Growth and Happiness

「私達を試すために人生がある」

youtu.be

人生に次々と難題が降りかかる本当の意味

幸福はこの世界から産み出されるものではありません。あなたをに幸せにするために創られたのでなく、あなたの人生に挑みかかるために人生が存在します。もしこの世界があなたを幸せにするために創られたものだとしたら、とても腹立たしくなるのではないですか?

だってここ何年か振りかえってみると「私の人生は上手くっていないし、やりたいことの道半ばでたいてい邪魔が入るじゃないか。」と思っていませんか?

例えばやっと今の問題が解決しても、すぐにまた別の問題が起こったりするものでしょう?

生きていると体や健康についてや経済的なこと、人生や職業的な状況、人間関係などに色々な問題に直面します。

金銭的な問題を解決したと思ったら、今度は人間関係の悩み・・・。それがなんとか片付いたと思ったとたん、今度は健康上の問題に直面すると言った風に・・。

面白いことに、そんな風に休むまもなく、(自身の人生の局面に)挑戦を強いられているわけですが、すべての問題の最も大きな発生源が「人」だということに お気づきの方もいるかもしれません。

なぜならこの世界にとって、「人間」は物凄く挑戦しがいがある存在だからなんです。

他の誰かと関わっては辛い目に合う時、人のせいにしたりしますね。 人はエゴの心に囚われていますし、この世の物事というのは「どうせ自分の思い通りにいかない」といったエゴ(猜疑心)をもっているものです。

あなたが「自分の思い通りになるべきだ」などと信じるなら、人生は永遠に妄想の現実をつきつけ続けます。

また「自分は幸せになるために生まれてきた」と信じるなら、それはとんでもないジレンマとなるのですが、あなたの望みや思惑は錯覚となり、ご存じないでしょうが、そういった信念は、とてつもない苦しみを生み出すだけです。

この人生において雨後の筍のごとく、次から次へと遭遇する難題への「何かうまくいかない」という思いは、容赦なくあなたを不幸せにしていきます。

あなたがこの世界に、はかなくも一定の期待をし続けたり、またこの世の仕組みは根本的にうまくいかないようになっていると信じ続けていたとしても、それでも 時折平和が訪れたり、「キターッ!」とか、何かに達成感を味わったり、ホッとしたりすることもあるでしょう。だだしそんなひとときも長くは続きません。

ここに大きなジレンマがあります。本当のところは「人生があなたを試している」ことに気づいていないのです。

というのは自分の人生に難題が降りかかることによってのみ、この世に生を受けたあなたに、なくてはならない「気づき」というご褒美を与えてくれるからなのです。

その不快さは「実際の状況」か「思考」からくるものか

「気づき」の最初の段階では、自分と何かを一体化したり、ものに意味付けしたりするエゴイスティックな思考は、これまでの厄介事、例えばもっと不幸せな出来事を細分化するとイライラすること、悲しみや怒り、またいい気分でない感情までもが含まれるのですが、そのほとんどの原因が起こった「状況」のせいでないことを、無意識に理解し始めるのです。

例えば人生で遭遇する不幸の90%は、あなたの思考で作られたものなのです。もちろんそのうちの10%は身内の不幸などですが、それはそれで辛く悲てしいのは当然です。

ですが、あなたの人生で起きる不幸や不快な出来事などを、よくよく観察してみると様々なタイプがあることに気づきます。比較的マシなものからとんでもない状態のものまで色々ありますね。

簡単な例をあげましょう。日常生活で電話が繋がりにくかったりすること、銀行なんかがそうですが、おっとこれは人間ではなかったですね(笑)そんな時は確かにイラつきます。

また例えば、何かと不快になることが多い空港でのやりとりなんかは非効率で、待ち合いの列がなかなか前へ進まないと、「もう絶対、飛行機なんかに乗らないぞ」などと思ったりしますが、そんな時はこの感情は「置かれた状況」からくる不快感なのか、自分で自分の心に話しているだけだったり、感情的なコメントなのか、それとも状況に対するコメントなのかを考えて直してみてください。

「状況か思考か」を区別する時は、最初はごく小さな出来事から試すことをおすすめしますが、そんな時はたいてい「あなたのセルフ・トーク」から発生したストーリーであることが多いのです。

起こっている出来事に対して、自分の頭で思考したり、反応するのであれば、「自分が何であるか」を見失って傷心するだけで幸せになれないのです。

以上

(やや尻切れトンボですが、およそ7分強のこの動画はここで終了します。ワークショップはとしてはこの前後に関連する講話があるようです)

最後に

最後のパートを補足すると、不平不満はすべて「エゴ」が自分自身を強化するために生じる感情の一つとエックハルト・トールは説いています。

エゴとは「心が創り上げた幻の自己」のことで、頭の中であれこれ思案を続ける思考も、セルフ・トークの暴走にすぎず、本当の自分ではないのです。

何かに不満を持ったとき、頭のなかの声を把握できるかどうか、つまりその正体に気づけるかどうか、試してごらんになるといい。それはエゴの声、条件付けられた心のパターン、思考でしかない。その声に気づけば、同時に自分はその声と違うこと、その声に気づいているのが自分であることがわかるだろう。実際、声に気づいている、その「気づき」があなたなのだ。『ニューアース』エックハルト・トールより

「ピンチはチャンス」などとよく言われますが、一般的なレベルで人は試練を乗り越えることで強くなると言われています。それよりもっと進んだレベルから考えると、何か大きな難題にぶつかる度に、ハイヤーセルフから「目覚めよ」と迫れているのと同じことになります。

エックハルト・トールは他の動画でも、「ネガティブな事が起こることは、awakening (気づきや悟り)への貴重な機会」とよく述べています。

逆に平穏無事でい続けることは、「気づき」への道が閉ざされたままということです。つまり何度も何度も絶望に打ちひしがれて、人はようやく気づきます。

より良く生きるため、また本当の自分へ至るために試練が存在するなんて、至高の存在(ハイヤーセルフ)は逆説的な仕掛けで、私達に生きる意味を教えてくれるのですね。

ニュー・アース

ニュー・アース

エックハルト・トールの名著『ニューアース』を読み、偉大なエックハルト・トールの教えを肉声で受け取りたい一心で、ライブ動画を通して視聴しています。ぜひ動画から伝わってくるエックハルト・トールの温かくて優しいバイブレーションを感じてみてください。

ワークショップ動画の意図を分かりやすく伝えるため、見出しを加筆しました。英語勉強中の身のつたない日本語訳ですので、間違いがあればお教えくださるとありがたく思います。