私的空間

エイブラハムの教え『引き寄せの法則』Low Of Attractionに傾倒、セミナー動画の内容と感想などまとめています

エイブラハムの教え『引き寄せの法則』シリーズ本で絶対に読むべき三冊は?おすすめの読み順と本の紹介

エイブラハムの引き寄せの法則シリーズ 必読の三冊

「人生が思い通りにならないのは、ルールを知らないだけ。そうだとしたら絶対損をしている。エイブラハムの教えは人生の教則本だ。他の本は一切読まなくて良い。」

『神との対話』の著者のニール・ドナルド・ウォルシュ氏がそう語っているように、人生のトリセツがあるとしたら、エイブラハムの教えがそれかもしれない。

架空のソースエネルギーであるエイブラハム(見えない世界の集団)が、エスター・ヒックス女史のチャネリングで語った叡智をまとめた『引き寄せの法則』本シリーズ。

宇宙に一貫して働いている法則を分かりやすく説いていて、正しく理解すれば初心者でもすぐに実践できる。

お金、健康、人間関係などの問題解決力に役立つ、エイブラハムの教えをまとめた『引き寄せの法則』本シリーズは、何冊もが全米でベストセラーとなった。その教えは1989年頃から全米50都市でワークショップが開催され始めて以来、世界中の人々に絶大な支持を得ている。

エイブラハムの引き寄せの法則シリーズは、日本語訳版で読むことができる。新旧入り交じって複数出版されているので、どれを読めば良いのか、またもっとエイブラハムの教えを知りたいという人のために、それぞれの内容をまとめてみた。

日本語で読めるエイブラハムの『引き寄せの法則』本シリーズの紹介

(並び順はアメリカ本国で出版された年度順)

『エイブラハムの教えビギニングー引き寄せの法則で人生が変わる』 1988年刊行・原著 A New Beginning I 1986年にジェリー&エスターヒックス夫妻がエイブラハムの智慧を公開してから初めての著作。 日本では2017年に出版され、ヒックス夫妻による『引き寄せの法則』シリーズの原典となる本。前半はエイブラハムが人類と対話する意味が語られ、後半は米国でワークショップ参加者たちからの質問とエイブラハムの回答集など。地球の大変動や瞑想についての記載あり。

この本についてさらに詳しく書いた記事はこちら↓

『エイブラハムの教えビギニング』始まりの書で伝えたかった事・気づきを得るための最速の手段は - 私的空間

エイブラハムの初期の教えをまとめた上の続編が下記。↓

『引き寄せの法則の本質 自由と幸福を求めるエイブラハムの 源流』 1991年刊行・原著A New Beginning II 「引き寄せの法則」シリーズを読破し、そのあらましを知った実践者に人気が高いのがこの本。読めば読むほど、エイブラハムの教えの深遠さが心に沁みわたり、新たな気づきを得られる。「内なる存在」との結びつきについて学べる。

次も初期の作品。

『運命が好転する実践スピリチュアルトレーニング』2004年刊行・原著 Ask and it is Given (Leaning to manifest your desire ジェリー・ヒックス氏によると最初の20年間のカセットアルバムに収められたエイブラハムの教えをまとめたもの。 運命が好転する 実践スピリチュアル・トレーニング

上の新翻訳が下記。↓

『新訳願えば、かなうエイブラハムの教え 引き寄せのパワーを高める22の法則』

エイブラハムの教えの基本となる一冊が下記。↓

『引き寄せの法則エイブラハムとの対話』宇宙を貫く人生創造の原理 2006年刊行・原著The Low Of Attraction エイブラハムの引き寄せの法則の教えが一つにまとまったもので基本中の基本となる本。『引き寄せの法則』シリーズの一作目。

上と同じ内容で奥平亜美衣さんの超訳版が下記。↓

『超訳引き寄せの法則エイブラハムとの対話』 例えば上でSegment intendingの訳を「節目ごとの意図確認」と訳されているのに対して、こちらでは「場面ごとに望みを確認する」とある。

パワーシリーズ一作目(原著の題名より)

『引き寄せの法則のアメイジング・パワー』エイブラハムのメッセージ 2007年刊行・原著 The Amazing Power of Deliberate Intent 「あなたの人生を好転させ、素晴らしい、喜びに満ちた人生を創造するための本。望むものに同調すれば、望むものを「引き寄せる」ことができます!「引き寄せの法則」のコツ、「感情の誘導システム」キャッチコピーより。

上のパワー・シリーズ二作目が下記。↓

『実践引き寄せの法則 感情に従って幸せの川を下ろう』 2007年刊行・原著The Astonishing of Power of Emotions 川の流れに逆らうのをやめて、リラックスすれば望むものの方向へ自然と運んでくれるというソースエネルギーの流れに乗る方法と教え。問題を抱える人の事例ごとに、思考の転換の仕方=波動調整法をエイブラハムが具体的に教えていて、とても参考になりる。例:痩せられない、昇進、人間関係など

人生で最も切実な課題のお金と健康についての教えが下記。↓

『お金と引き寄せの法則 富と健康、仕事を引き寄せ成功する究極の方法』 2008年刊行・原著 Money, and The Low Of Attraction タイトルのお金や健康維持方法。「転換のプロセス」「物事の肯定的側面探し」の教えが付け加えられたことで、エイブラハムの引き寄せの法則がより具体的に実践的に学べる。 「人生は波動の解釈」という、エイブラハムの波動に対する教えが満載の、引き寄せシリーズ二作目。

同じ内容で奥平亜美衣さんの超訳版が下記。↓

「ヴォルテックス」という独特のエイブラハム用語が登場するのが下記。↓

『理想のパートナーと引き寄せの法則 幸せな人間関係とセクシャリティをもたらすヴォルテックス』 2009年刊行・原著 The Vortex 親と子、恋人、配偶者、職場などの人間関係と引き寄せの法則の教えの実践例が学べる。 これまでは「波動の預託口座」とされていたソースエネルギーの概念が、この本で「ヴォルテックス」という新表現に言い改められた。引き寄せシリーズ三作目。

ところで2011年に、エイブラハムのワークショップ主宰者ジェリー・ヒックス氏が逝去したため、一連のシリーズ本が絶筆となった。

そのためエイブラハム本のシリーズ最後として予定されていた『仮題:スピリチュアリティと引き寄せの法則』が、未完のままになっているのはかなり残念。

下記が夫妻共同の最後の出版物となる。↓

『引き寄せの法則瞑想CDブック』 2011年刊行・原著Getting Into The Vortex エイブラハム流の瞑想CD付きブック。 「瞑想」をテーマとしてまとめられている。ヒックス夫妻の意向で瞑想用CDは英語だが、ヴォルテックスに入る方法など、ユーザーガイド(本)の内容の濃さから読む価値大なのがこちら。比較的易しい表現で書かれていて読みやすい。

本国では時代の流れに合わせてCDでなく、ダウンロード版に変更されている。

AmazonレビューでCDが英語で残念、という指摘があるが、エイブラハムの波動が感じられない日本語ナレーションでは意味がない。

英語が苦手でもCDはオマケと考えても高くないほど、ガイドの内容に価値があると思う。

『エイブラハムに聞いた人生と幸福の真理』「引き寄せ」の本質に触れた29の対話 ウエインダイアー、エスター・ヒックス 2014年刊行・原著 Co-creating at Its Best ジェリー・ヒックス氏の逝去後、エスターだけの比較的新しい出版。日本ではあまり知られていないものの、世界で影響あるスピリチュアルリーダーとして人気の、故ウエイン・ダイアー博士との対話から、エイブラハムの叡智が新たな視点で学べる。アファメーションでポジティブな言葉を唱えても意味がない理由、波動と感情のフライング・ディスクについて、他。

さて次は本国アメリカで、「引き寄せの法則エイブラハムの教えの必読書セット」とされている三冊を紹介する。

絶対に読むべきエイブラハムの引き寄せの法則3冊セット

エイブラハムの引き寄せの法則本おすすめ

画像左から

『引き寄せの法則エイブラハムとの対話』宇宙を貫く人生創造の原理

『お金と引き寄せの法則 富と健康、仕事を引き寄せ成功する究極の方法』

『理想のパートナーと引き寄せの法則 幸せな人間関係とセクシャリティをもたらすヴォルテックス』

読み進め方でおすすめの順番としては、

①でエイブラハムの教えの基礎と原理を学び、②と③で具体的な実践例とともにさらに理解を深めること。

もちろんどの順番で読んでも、エイブラハムの教えは基礎から学べるようになっているの でご安心を。

参考までに上で、オレンジ色の点線で囲んだ本が上記の必読3冊となる。

エイブラハムの本を読んでいると、ワクワクするし幸せな気分になれるので、この3冊を読見終えたあと、他も読んでみたくなる人が多い。その場合は上記を参考にしてもらえればと思う。

その他のエイブラハム『引き寄せの法則』本

エイブラハムの教えを毎日。↓

『いつでも引き寄せの法則願いを叶える365の方法』 幻想的で美しいイラストともに、エイブラハムの教えのエッセンスを集めた本。一日一ページ、通勤通学やすきま時間に新たな気づきを得るのもいい。

子供達にエイブラハムの教えを伝えたいなら。

物語で読む引き寄せの法則サラとソロモンの友情 少女サラと賢いふくろう・ソロモンの物語を通じて、引き寄せの法則で成功する秘密、幸せになる秘訣を子供向けに書かれた本。 アメリカでは子供に読ませている人が親御さんが多い。

最も安上がりで最も濃い実践哲学

アメリカ大手出版社ヘイハウスの創設者で、アファメーション提唱の元祖のルイーズ・ヘイ女史が「エイブラハムこそベスト・ティーチャーだ」と推した。それだけでなく、エイブラハムの教えは、世界的スピリチュアルリーダーにも一目置かれている。

読むたびに新たな気づきがあり、どの本のどのページを開いても深遠な教えが心に響く。よくぞ自分の生きている間に教えを告げに来てくれた、と感謝する人も少なくないという。

今ではエイブラハムの教えを知れば知るほど、「ルール」を知らずに生きることが逆に怖いほど。

自分が費した本の購入金額からしても、ジェリー・ヒックス氏が「これはお買い得な本だ」と言った通り、かなり安上がりな人生の教則本だったと実感している。

エイブラハムの教えで皆様の人生が好転することを祈って…。