私的空間

エイブラハムの教え『引き寄せの法則』Low Of Attractionに傾倒、セミナー動画の内容と感想などまとめています

#エイブラハム・ショート「人は何歳まで生きられる?」

〜印象に残ったエイブラハムのセミナー動画の要点を短く~

「人は概ね、何歳くらいまで生きられるのでしょうか?」

「聖書の記述にあるように300、500、900年生きることは可能なのですか?」

エイブラハム:

100歳台前半までかな。300、500はあり得なくもないが、900はない。そんなの退屈じゃないか。

我々は「長生きすること」を提唱しているのではなく、「喜びに生きること」を勧めている。

抵抗せず、ソースエネルギーに同調して、喜びに生きることができれば、長寿はたいていついてくるのだ。

我々は人生の成功を「長さ」でカウントすることはないよ。

「喜びに生きること」に重きをおく。

例え短命でも、ソースに同調していたのであれば、成功をおさめたことになる。

全て個人の選択に基づくものだ。

ほとんどの人はネガティブな場所(恐れるなど)から、そこらへんにある情報のメリットを享受することで、長寿を願う。

そんなことすれば波動不足になって、連れていかれるだけだ。(聴衆笑)

人生は愛すべき、心地良いものだ。

一瞬一瞬に感謝しなさい。

あなた達の友人は話す。「青い空、白い雲、そこにあるものすべてに、あふれんばかりに感謝するのに伴って、ある種の退屈さも感じる。」

とにかく理解して欲しいのは、あなた達はこれらすべてに、対処できるということだ。

創造者として完璧なあり方とは、今いる場所に満足し、もっと楽しみたいと願うこと。

より良い経験を求めて、拡大・成長することはやめられないのだよ。

満たされることと、熱望することはベストな組み合わせだ。

著作権と出典元:エイブラハム・ヒックスパブリケーションズAbraham-Hicks Publications - Law of Attraction Official Site

The Longevity How Long Could A Human Live ~ Abraham Hicks - YouTube f:id:soboku-kobe:20210830195901p:plain

感想

「今日もまた生かされていることが、ありがたくてありがたくて仕方ないんですよ。」

ご長寿の人ほど、ある種の超越した幸福感を味わうようになる、と何かで読んだことがある。

100歳超えで長生きする人が増え続けている要因としては、食生活 、公衆衛生や医学の進歩などが一般的に言われているけれど、スピリチュアル的視点からすると、それだけ心豊かに生きる人が多くなったということではないか。

例えば、『パワーか、フォースか』のデビッド・ホーキンス博士によると、人類の集合意識の平均レベルは、この10年間で上がったらしい。

10年前と比べて、生きることに対してポジティブか、ネガティブに影響を与えるか識別できる臨界点の200を超えたとのこと。(2006年時点『パワーか、フォースか』より)

ちなみに、地球の人口の約85%の人が、臨界点以下のネガティブ性を生きているという。

そして残りの15%の人々のアトラクターフィールドが、85%もいるネガティブな人々の、世界にもたらす悪影響を緩和しているそうだ。(ホーキンス博士のカウンターバランス)

以前は長寿の意味が、よく理解できていなかったし、個人的にも長生きしたいと望むことはなかった。

けれどもエイブラハムやスピリチュアルを知ってから、そんな考えは一変する。

日々幸福感を味わいながら、長生きしている方々(波動の高い人々)が、地球のカウンターバランスに貢献してくれているのだとしたら、感謝しかないと思うようにになった。

mementmori.soboku.jp

mementmori.soboku.jp