私的空間

エイブラハムの教え『引き寄せの法則』Low Of Attractionに傾倒、セミナー動画の内容と感想などまとめています

#エイブラハム・ショート「老いると人は皆、衰えるのか?」認知症

f:id:soboku-kobe:20210830195901p:plain

印象に残ったエイブラハムのセミナー動画の要点を短く~

質問者:神経心理学者の女性

「人生後半、快く生きるにはどうしたものかと、考えることがあります。」

エイブラハム:それはあなたの仕事でない、騒ぎ立てるのをやめて、ただ人生そのものが展開するままに任せなさい。

「研究を続ける中、老齢になっても呆けたり病気にならない事や、脳機能はダメージを受けても回復可能な事、また80、90歳になっても脳は成長し続ける事を発見したのです。」

「老齢で衰えるのは宿命」などと言うのは、老化に対する大勢の人の作った思い込みや信念に過ぎない。あなたの言っていることは、いたって正しい。

「ただ認知症には、混乱させられてばかりで・・・。」

アルツハイマーや認知症は、ネガティブで抵抗だらけの人生に疲れ果てつつ、死を恐れる人々ためにとって必要なのだ。

上流に向けて漕いでいたボート(抵抗)の向きを変え、少しずつ下流へ進んでいくことで、非物質世界へスムーズに移行できる。

(認知症は)自由と解放感を得るため、そして本当の自分への元へ戻るためのものなので、彼らにとってそう悪いことでない。

ドラッグをする人々と同じようなもので、ネガティブ性から唯一、逃避できる、最も抵抗の少ない道なのだ。

エスターのお母さんも認知症だった。まだはっきりしている頃、エスターはお母さんに言い聞かせようと試みたことがあったが、その行為は流れに抵抗していると気づいた。

次第に症状が深刻になっていくお母さんを、神の大いなる計画に委ねることにした。

さて、ここで明るい話題に変えよう。

純粋意識へ旅立った彼らが最初にすることは・・・。

笑って笑って笑って笑って笑って笑って笑って、ただ笑い続ける~。

あらゆる苦痛や苦悩から一切合切、解放されるからだ。

(物質世界の)毛むくじゃらの存在たちが、いかに自分で自分の首をしめて、長いこと苦しんでいるかを知って、びっくり仰天する。

だからあなた達は、もう抵抗することをやめて、流れに乗りなさい。受け入れることができたら、気分良く生きられるだろう。

Abraham Hicks: Does not need to decline in old age 2006-09-30 Tarrytown, NY - YouTube

出典元:エイブラハム・ヒックスパブリケーションズAbraham-Hicks Publications - Law of Attraction Official Site

mementmori.soboku.jp