私的空間

エイブラハムの教え『引き寄せの法則』Low Of Attractionに傾倒、セミナー動画の内容と感想などまとめています

目標設定はした方がいいの?エイブラハムが教える「願望実現化の前にやるべきこと」波動の支点が変化する時

願望実現化のためには、紙に書きとめるなど、目標設定をした方がいいのか。

エイブラハムの「思考の最先端セミナー」動画をベースに、引き寄せがうまくいかない原因や、波動がシフトしたあと、願望実現化に至るプロセスについてまとめた。

参考動画:https://youtu.be/uIL-YW8J9UI

出典元:エイブラハム・ヒックスパブリケーションズ Abraham-Hicks Publications - Law of Attraction Official Site

質問:「願望を実現させるために、目標などを設定すべきですか?」 「叶えたいことを意識したほうがいいですか」

エイブラハム:「あなたがネガティブな場所にいるなら、答えはノーだ」

[エイブラハムの教え[]

ネガティブ優勢の時は目標を定めない方がいい理由

アファメーションする度に、また願望リストを書けば書くほど、むなしくなった経験はないだろうか。

何事もうまくいかなかったり、何かにフラストレーションを感じている人は、ネガティブな波動が優勢になっている。

そんな状態の時は目標など設定しない方がいいと、エイブラハムは教えている。

その理由について

* ネガティブが優勢の波動状態では、自分の望みについて具体的に考えれば考えるほど、「今はない」状態にフォーカスしてしまう

* 何かを心配していたり、不安でイライラしている時は、望むものを得られないことへ関心がいくので、抵抗感を悪化させる


例えば本当は、「新車に乗りたい、買いたい」と思っているのに、「今のお給料では、到底無理じゃないか」と考えると、暗い気持ちになる。

目標を定めて、そこに注意を向けるということは、 欲しいものが欠落している状態にフォーカスすることにもなる。一部の人にはかえって逆効果になり、ネガティブを招く一因となってしまう。

目標設定なしに、どういうプロセスで願望実現するかの前に、エイブラハムの教えの基本を押さえておきたい。

動画でエイブラハムが繰り返し、力説しているパートが下記。

「エイブラハムの意図的創造のプロセス3段階」
* ステップ1 コントラストで私たちが求める(人生状況が何かを求めさせる)

* ステップ2 ソースが要求に応える(具体的な答えを与えるのではなく、波動的に願望そのものになる)

* ステップ3 私たちが受け取りモードでいる(ソースがなろうとしている波動に、自分の波動 一致させなければならない)


重要なのが、ステップ3の「受け取りモードでいること」。私たちの波動がソースが用意したものと一致するとき、望みが具現化する。

エイブラハム:

  • 「あなたがやるべき事は、願望にあなた自身をアライメントさせることだ」

  • 「成ろうとしているソースと一致するために波動調整していると、そのアライメントの中で成功という喜びの感情を見つけることになるだろう」

  • 「人生の基盤は自由と喜びであるという意図を、毎日、一日を通して確認しなさい」


それではどうやって自分の願望を、宇宙に伝えればいいのか。

  • 「あなたが意識するしないに関係なく、すでに人生状況が願望ロケットを発射させている」

  • 「ヴォルテックスの方ではあなたが望んだものを把握していて、波動として生成されている」


つまり目標設定などしなくても、本当の自分=見えない世界側の自分は、すべてのデータを蓄積しているので、波動の現実側に伝えているということらしい。

だから「必ず叶う」と心から信じ、期待し、明るい前向きな気持ちでいると、願望は実現化する。

それなのに多くの人は、望みと反対方向を向いている。

日々の出来事に遭遇するたび、望まないことを語ったり、現状に関心を寄せるから。思考転換せず、ネガティブな感情を引きずったままでいるせいだ。

思考転換は少しずつでいい

欲しいものがあるのに、「持てるはずがない」と自分の能力を疑い、気持ちが後ろ向きになる。 そんな状態では、望みからほど遠い場所にとどまるため、願望実現など不可能。

人生をより良く生きたいなら、思考をコントロールしなければならない。

感情は、意図的創造の指針。「どう感じるか」で、正しい方向へ向かっているか、そうでないかを見極められる。

だから否定的な感情になったら、間違った創造をしていることに気づき、心地良いことに思考を方向づけるエクササイズをする。

とはいっても、いきなり反対方向を向くのはそう簡単ではない。エイブラハムは何も、ネガティブから急にポジティブに転換しなさいとは言っていない。

そんなことはスキーで急斜面を滑り始めた人に「ストップ!」というのと同じで、急には停まれないからだ。 だから少しでも楽になれる方へ、気持ちがホッするような感じ方に、徐々に変えていけばいい。

例えば何か嫌な目にあった時、こんな風に考え方を変えると、ネガティブな立ち位置にいても、ポジティブ寄りに進みだす。(動画より)

✖ 起きたことに腹を立て、他の誰かに話す
〇「最悪〜!」の一言で済ませる
〇「これもまたそのうち過ぎ去るだろう」、「なるようになる」と受け流す


誰でも今いる場所からはじめる。最初はネガティヴの中にいても構わない。ただ、以前の考え方より少しだけマシな方を選ぶこと。対象の前向きな面を探す練習する。

練習を続けていくと自分に訪れる変化

私たちは波動の存在で、人生は波動の解釈。思考は感情を伴い、磁石となって引き寄せるというのがエイブラハムの教え。

まずはネガティブな思考を、少しずつ消し散らしていくことから始める。物事の見方を変える。

低い波動からより高い波動へ移るように、思考を方向づけていくと、やがてこのようなことが起こり始める。

* どんどん気分が良くなっていく
* 頭の中の思考がすっきりし始める
* すべての物事が望みの方向へ傾くのを感じるようになる
* 望むものについての詳細へ徐々に近づき始める


ネガティブだった人ほど、支点ポイントが傾くのを「突然」、感じ始める。

エイブラハムがよく「波動の主導権争いに打ち勝つ」と例えている、いわばターニングポイントのようなもの。

波動の支点が突然傾く

少しずつ思考転換していくことで、古い波動が逆転するイメージ画像を作ってみた。

エイブラハムの教え「波動の支点」

注:動画でシーソーは出てきません・”the fulcram point just tips”(支点が傾くを自己流に解釈したものです)


対立する思考をなくすことで波動バランスが整ったら、ソースと同調する(アライメント)方向へと、波動の支点が逆転する。

エイブラハム「こうなればあとは、すべてのことが上手く回り始める。」

選ぶ思考対象の波動が少しずつ、良くなっていく。波動が変わることで、再びネガティブになったとしても、以前の感じ方とは違うものになっている。

ついにソースエネルギーと同調する(アライメント)波動に、シフトし始めた。

この段階にきたらノートに、叶えたい夢をリスト化することすら必要なくなる。望むものの詳細が、自ずと見えてくるし、思わず語りたくなるからだ。

エイブラハム:
自分の叶えたい夢を語るのは、何かに陶酔するのと同じで、とても楽しく、気分が高揚する
そこには「抵抗」が微塵も見られない
「それが情熱というものだ」


願いが叶った経験がある人なら、エイブラハムのこの言葉にうなづくに違いない。夢の実現に向けて無我夢中になったり、熱意を抱いてアクションしたら、良い結果を得たことが誰にでもあるはずだ。

願望リストを作るなら、この段階にすればいい。望みについての細部を見つけるほど、実現化のプロセスが早まるという。

エイブラハム:「まず思考、それから感情、そして言葉になる。そして望みの細部が近づいてくる。」

ヴォルテックスにある望みの実現に近づいていくと、宇宙の強力なマネージャーである引き寄せの法則が、実現化に向けて協力的要素を送ってくる。

エイブラハムはよく、「それは“impulse”として、あなたにもたらされる」と語っている。

補足: impulseの訳をWeb辞書より引用すると

心の衝動、一時の感情、はずみ、衝動、行動の原因、推進力、(外部からの)刺激、鼓舞、欲求

そして最終的に受け取りが完了、願望実現化する。

まとめと感想

スピリチュアル・リーダーの多くが、願望実現化のために「夢を語れ、イメージを思い描け」と言う。それに反するかのように、失敗する人が後を経たない。

その原因について、これほど具体的に解き明かしてくれたのは、自分の知る限りエイブラハムのみ。

アファメーションやビジョンボードなどは、願望実現化を信じて全く疑わない人には効果があると思う。口先のものだったり、半信半疑のままやるなら意味がないことが、よく理解できた。

今回の要点

* 願望実現化させたいなら、まずネガティブを一掃することに努めるなど、波動バランスを整えてから

* 目標を設定するならまず、「良い感情を持つこと」にする


「それができるようになるまでは、あなたは何も得ることができない」「それができたら、波動のスタンスを、コントロールする力を得たことになる」

ネガティブ優勢=波動が低い時は、何も成すことができないと、エイブラハムは常に教えている。

最後に動画からエイブラハムの言葉を。

「我々があなた達の立場なら、願望実現化のために愛する、感謝する、情熱を持つなど何であれ、気分の良い感情でいることを追求するだろう。それこそが掲げるべきゴールだ」

参考:動画の原文の一部

Life has caused you to already launch your rocket of desire whether you are consciously speaking about it or not. There is a collection of all that you want that is spinning vibrationally and attracting and when you become a match to that then the manifestation must occur.

You don't need to it's already there in this vortex and the energy that creates worlds is on it and all of the cooperative components have already been gathered. in other words not only have you set the goal but the larger part of you has already realized the goal is already vibrationally experiencing the emotional manifestation of the goal.

願望実現化についてを別の視点で解説

mementmori.soboku.jp