私的空間

心に留めおきたいこと・自分への覚書

以前からよくわからなかったことを、年金事務所に電話で確認することができた。

今度二十歳になる知的障害の息子の、障害基礎年金の申請のタイミングについて。

障害基礎年金についてはネット上に多くの記事があるにもかかわらず、肝心の申請に関して期日というものが 掴めなかった。

まず年金事務所に疾病や病状や障害状況を伝え、障害基礎年金を受給するための書類一式をもらう

しん

障害基礎年金については特別支援高校在籍時代に、保護者対象の勉強会が毎年あった。

毎年聴講しても時期については曖昧で、まあ直前に確認すればいいと思っていたのだけれど、時期を外すとややこしいらしいので 今日しっかり聞いておいてよかったと思う。

こういった申請は特別児童扶養手当などがそうであるように、決して市役所の方からは申請についての案内が来るわけでなく、 あくまでも自己申告なのだ。

制度を知らないと社会的生活に支援が必要なのにもかかわらず、逆に健常者と同様、20歳になった時点で国民年金を払わなければならない。