私的空間

エイブラハムの『引き寄せの法則』Low Of Attractionに心酔、動画の感想などまとめています。

私とTM瞑想・マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーの教えから瞑想の重要性を読み解く

f:id:soboku-kobe:20200607095243p:plain

瞑想を再びやり始める

『ホモ・デウス』などのベストセラーで知られる天才歴史学者のユヴァル・ノア・ハラリ氏は、著書『21Lessons~』の最終章で、「瞑想」の持つパワーについて、「将来人類が、神のような存在になったAIに対抗するための補完となりうる可能性もある」とし、あいまいで謎解きのような見解を示していた。

これに違和感を持つ一般の人にとっては、いまだに「瞑想」とは非科学的で、神秘主義の何かくらいに考える人が多いのかもしれない。

現在・過去・未来への鋭い洞察眼を持つハラリ氏は、「ヴィパッサナー瞑想を一日に2時間行っているおかげで、あのような大作を書き上げることができた」語っている。

瞑想をする意味とは、最近の流行りのマインドフルネスで言われているような効果以上のものであるに違いない、と確信した。

一般的には瞑想を、まるでヨガと同じように扱い、リラックス効果があるとか、心身を健康に保つといった、ごく表面的な捉え方があるようだ。

それらは間違いではないものの、瞑想の副産物にしか過ぎないということはアウェイクニングした人々にとって周知の事実だろう。

瞑想は効果を期待するようなものでもないし、もっと深淵で奥深い意味合いがある。

世界に影響力を持つハラリ氏が、瞑想を一日におそらく一時間を2回にかけて行うほどの瞑想そのものには、かなりの重要性があると思う。 多忙な中2時間行うなどはなんてゴージャス、自分もそれくらいやってみたいものだ。

ステイホーム中に、ふと思いついてエックハルト・トールの『ニュー・アース』を読んで、なかなか埋まらなかったアウェイクニングのパズルの一片が見事にはまり、外側から内側へと自分の中の気づきが一気に進んだ。

そして、ずいぶんしばらくしていなかった瞑想を「再開すべき」と内々から衝動が沸き起こり、導かれるように瞑想を再び始めた。

瞑想するひとときは日々の暮らしの中で最も楽しく、大切な時間となっていて、瞑想には例えようのないくらいの魅力がある。TM瞑想と呼吸法での瞑想法はどちらも欠かせないほど、今の自分の心の拠り所になった。

追記:現在はマントラを用いるTM瞑想はやめて、呼吸に集中する瞑想方法をしている。

「気づき」が浅い頃のTM瞑想

瞑想のやり方は約20年ほど前にマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーの「超越瞑想」通称「TM瞑想」超越瞑想のセミナーで教わった。当時の日本は自己啓発ブームで、センターでは能力開発セミナー的に人集めをしていたように記憶するが、インド好きの会社の先輩とリラックス効果があればいい程度に受講した。

「TM瞑想は極めて科学的、多くの企業が研修などにも取り入れている」、「誰でも簡単に瞑想テクニックを学べる」のような触れ込みだった。

今となってはその深い意味を知らぬままでも、あの頃その世界に足を突っ込もうとしていたあの頃の自分が少し誇らしく思える。

現在のように瞑想そのものが、まだそれほど認知されていなかった頃の話だ。

講師はマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーセンターで教育を受けたスーツを着た日本人で、インド人のグルやヨギが教えるわけでないのは、主催者の戦略だと思う。

今から思えば講師達はマハリシの智慧を極めようとしていた人たちで、中には超越している人もいたのだろう。

TM瞑想法とは一回20分朝夕の2回、座禅の姿勢でなく、楽な姿勢で椅子に座ってするもので、講師から授かったマントラ(聖句)を用いて黙想していくというメソッドで、老若男女誰でもできるという。

伝授された通り、一日の朝夕に瞑想を行うことを数年は続けていた。その後コースを延長することもできたように思う。

私が瞑想で得たもの

いつから瞑想をしていなかっただろう。

例え気づきがまだ浅くても、また瞑想の本意などわかっていなくても、瞑想には「ある一定の効果」がもたらされるのだと思う。

インドで出会った賢者は当時、私が瞑想を実践していることを見抜いた。椅子に座ってではなく、結跏趺坐の姿勢で行うように言われらたのを覚えている。

かれこれ20年も前のある時期、気付きが浅いながらも実践していた瞑想によって、得られた最大の恩恵は、振り返ってみれば今の伴侶との出会いだったようだ。いい意味でもそうでない意味でも、この人以外にあり得ないと思えるほど望みどおりの存在だから。

あの時は本当にまるでミラクルとしか言いようがないご縁がもたらされた。そしてその縁は完璧なまでに、間違いの微塵も感じられないほどのもので、内なる存在は完璧に望む人を与えてくれた。

インドの賢者に透視された人物ではなかったけれど、巡り会えたのは自由意志の為せる技。

その後はほどなくして、多忙さゆえに瞑想をする時間さえなくなってしまった。子供を授かったくらいから、自分の意識は結婚生活と子供にそそがれ、瞑想の重要性を置き去りにしたまま、物質世界の波にどっぷりと沈んで自分を見失うこと20年・・・。

小波、大波にさまよい浮く表面的な出来事に一喜一憂し、苦悩が多かった。

もしあのままTM瞑想でなくても、瞑想を続けていたら子育てでも、もっと大きな視点で物事を見れる人になれたかもしれず、「この世から消え去りたい」などと自分を見失う日々もなかったはずだ。

そういう意味で瞑想しない時期は、自分の中の「失われた20年」になるのかもしれない。それもこれも試練のための内なる存在が与えた、今生でプログラミングされた期間だったということだろう。

永遠不滅の究極の真実とは

2020年はエネルギーフィールドのパワーが上昇気流だという。そのおかげもあってか自分も、エックハルト・トールへの教えに導かれ、『ニュー・アース』のエゴの解体とペインボディの解釈により、自分の「気づき」がぐんと進んだ。

今の自分の気づきのレベルで理解できている範囲の、「瞑想」の重要性について書き留めておく。

マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーの本は、瞑想の重要性に対するヒントが満載なのだ。

その際に購入したか、またはセミナーで配布された「超越瞑想入門・存在の科学と生きる技術」マハリシ・マヘーシュ・ヨーギー著を20年ぶりに読み直してまさに「ぶっ飛んだ」。

理解の浅かった頃の自分はその部分を、難解過ぎるあまり読み飛ばしていたのだと思う。

新訳 超越瞑想入門―存在の科学と生きる技術

今、量子力学などの科学者が、一生をかけて取り組む物質エネルギーの最も精妙な層についての答えは、古代インドのヴェーダですでに解き明かしていたという。最近では物理学者達の世界観はブッダと同じで、東洋の宗教を解明し始めているとも聞く。

色々調べると、どうやらマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーは、大聖スワミ・ブラーマナンダ・サラスヴァティ師の知識を、世界中に広めた伝道者ということらしい。ビートルズのメンバーに教えたことで一気にその名が知られた。

将来的に科学の究極の境界が「存在 Being」であると究明するまでどれだけ時間がかかるかわかりませんが、人間はその実存の真実を直接経験することができないような状態にとどまってはいけません。なぜならこの「存在」こそがまさに生命の基盤であり、これを実現することによって生命のあらゆる面を栄光化できるのです。」

気の毒なのが、ヴェーダの真理と叡智を受け継いだ聖なるリシ(賢者)の智慧が記されているのにも関わらず、アマゾンで本の中古品が安売りされていること。私が主催者なら一冊残らず、名誉のために買い取ると思うけれど・・・。

恐らく20年前の自分のように、セミナーを受講したにも関わらず、または企業研修などで、TM瞑想の真意とその価値が全く理解されずに投げ売りされたのかもしれない。あるいは単に古さゆえなのか。

読み直すにつれ当時の自分を振り返っては、瞑想をただ「わかったようなふりをして」実践しただけだったと思う。

真の理解などとは程遠いものだったに違いないのだけれど、その時の自分のステージには「そうあること」が必要だったのだと思う。

相対領域にあるすべてのものの最も精妙な層の下に、抽象的で絶対的な純粋「存在」の領域があります。それは内側に隠れている超越的な領域です。

マハリシがTM瞑想 "Transcendental Meditation"と呼ぶ由来は"transcendental"「超越する」にあるため、略してTM瞑想や超越瞑想と呼ばれる。

それは物質でもエネルギーでもありません。この純粋な実存の状態が宇宙万物の根底にあり、それ自身を外側に現して宇宙万物の様々な生物や物質となるのです。

being「存在」とは永遠不滅の究極の真実、真我、ブラフマン、ハイヤーセルフ、至高意識、源ソース、純粋意識、高次の存在、内なる神、そして「いま在ること」の意味だ。

最近の動画でエイブラハムは ”inner being”と、エックハルト・トールは” Deep I”と言う風に、わかりやすく伝えるためにそう呼んでいる。

そのことについて古代インドのウパニシャッド哲学では

我は「それ」なり

汝は「それ」なり

これはすべては「それ」なり

ただ「それ」あるのみ

ほかはみなあることなし

のように、究極の真実は「存在」であるとインド思想の最も古い記録に残っているという。

蛇足ながらこの本のタイトルの日本語訳、 "The science of being and art of living" 『存在の科学と生きる技術』 の"being"の「存在」に違和感を感じる。この言葉以外にもっと読者に伝わりやすい表現はなかったのかと。この訳のために、マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーの崇高な教えをわかりにくくしている気がしてならない。

マハリシが教える 瞑想の本当の効果ついて

『超越瞑想入門・存在の科学と生きる技術』によると、TM瞑想を実践することでこんな利があるとしている。

* 瞑想で「内なる存在」の栄光を直接経験すると、誰でも自分の中の「究極の真実」を認識することが可能

詳しく言えば、このような説明になる。

  • 瞑想によって想念の精妙な状態を経験することで、心の経験を最も精妙な限界へと系統的に導くことができる

  • 瞑想をすると相対界の最も精妙な経験を超越して「究極者」の領域に到達することができる

つまり瞑想は「存在」を究極の真実として、直接経験できる「悟りへの道」であり、この実際的な方法によって、生命のあらゆる面が輝かしいものとなり、大いなる恐怖から開放されるということになる。

『ホモ・デウス』などを読めば、近未来に起こりうる人工知能の謀略の可能性に対して、知識のない私のような者でさえとてつもない恐怖感を覚える。

ユヴァル・ノア・ハラリ氏ほどの頭脳と洞察力を持つ人なら、知っている分だけ内的アラートの度合いは相当なのものだと思う。

真の究極者になるために、またこの世界での恐怖を乗り越え、体内感覚を整えつつ深い気付きで「超越」するために、日々2時間もの瞑想を実践しているのかもしれないと感じた。

「心の平安、身体の健康、透徹した知性、疲れを知らぬエネルギーが湧き出る至高の瞑想法・TM瞑想でここまで自分が変わる」とは、この本の帯にあるキャッチコピー。

セミナー受講生を集めるための表面的な謳い文句にすぎない。20年前の自分がそうであったように、この種の「スピリチュアルご利益系」の謳い文句で釣らない限り、一般ピープルは興味をさえ持ってくれないのだろう。

この程度に収まらないほどの究極の瞑想の真意とは何なのか。

瞑想によって、人として生きる上で内側と外側のフローにどのような影響がもたらされるのか。

マハリシ・マヘーシュ・ヨーギー著のこの本には、たくさんの著述があるので、また別記事で書き加えようと思う。