私的空間

心に留めおきたいこと・自分への覚書

あれから50年

f:id:soboku-kobe:20171008203437j:plain

マーフィー博士の潜在意識の教えが世に出てから50年だという。

mementmori.soboku.jp

人類最強にして最大の力とは

「10年ひと昔」というけれど、その5倍なら世界や科学はより進歩するし、人を取り巻く環境や価値観も大きく変化する。私達の住む世の中がガラッと様変わりした。

その間人類にもたらされた最大にして最強の力は何なのだろう

原子力エネルギー?中性子爆弾?

そんなものではないと記されていた。

潜在意識をとことん使いこなす

潜在意識をとことん使いこなす

ではそれはどこにあってどうすれば手に入れることができるのか?

50年経った今も同じで変わらない。

その人類最強の力とは・・・・。

自分の心の中に潜む潜在意識が持つ驚くべき奇跡の力のことで、それはもう私達それぞれがすでに持っている力のことだという。

これまでは「マユツバだ」とか、「人生そんなモノでうまくいくわけがない」と信じようともしない人たちに対して、言い返す言葉もなかったわけだけれど、50年経った今、量子力学では「観察者の心が実験結果に影響する」という事実が、すでに証明されている。

最近はスピリチュアル関連の本やブログ、セミナーを運営する人の中に、量子力学による科学的根拠を打ち出している人をみかけるようになった。もっとも私自身はセミナーに行くようなことは今後もないし、必要性すら感じない。

「現実とはコンピュータ上のシュミレーションにしかすぎない」「我々は仮想空間に生きている」などの、突拍子もないように思える仮説を「モーガン・フリーマン時空を超えて」で視聴するのは楽しいし、ロマンがあるのだけれど実際は、どうやらこの世は科学的見地から見ても、そういうことらしいのだ。

量子力学の深淵な洞察は「人はこの世界の単なる傍観者なのではなく、この世界の方向性へ能動的に関わる参加者だ」というすでに答えを導きだしている。

自分がこの現実を創り出しているということを知った人から、心の力の壮大さに気づき、ネガティヴシンキングに別れを告げるはずだ。

つまり信じる信じないかの問題などではなく、事実なので信じるべきなのだ。信じるものは救われるではなく、信じないと救われることがない。

残念ながらこの真理については「知りたい」と自ら本を開いたり、自身に問うたりする人にだけ通用するのだし、導かれるようにして門をたたくものなので、人生という生存競争やマネタイズに日々忙しい人に、わざわざ立ち止まって聞くように諭す種類の話ではないのだ。実際ほとんどの人がそんな感じだと思う。

自分の人生経験は自分の心が創っているというのに・・・。

それは私達の心は、体験している世界に積極的に働きかけて協働しているということになる。自分の思考が自分の経験を創っているということに間違いない。私はもちろんそう信じているし、実際そうなっていると思っているし、体感している。

少し違っていたマーフィ成功法則と引き寄せの法則

ところでこの本を読み終えて今、偉大なマーフィー博士の教えを再び学び直して少し頭が混乱した。「眠りながら成功する」を最後に再読してから3年は経っていたということもある。

エイブラハムは眠っている間は引き寄せはストップするという。

マーフィー博士は潜在意識は24時間休みなく働くといったり、同じと思っていたことが部分部分違っていたからだ。

忌み嫌われるワード「波動」

エイブラハムの引き寄せの法則と同じことだと思っていたマーフィー本の潜在意識の法則のプロセスや過程が違うことに気づいた。もちろん最初と結果など、根本的な真理は共通点が多い。

潜在意識と顕在意識について説かれたマーフィー本には「波動」のことには触れられていない。

エイブラハム本でははっきり言及している。「波動」というワードははアメリカの出版界ではタブーになっていて、ヒックス夫妻によれば成功哲学で有名なナポレオン・ヒルの原著にその記述があるにも関わらず、編集者によってカットされているらしい。

波動とあるだけでとたんに胡散臭いと思われるからだろう。人々はその言葉を見ただけで、非科学的だとかオカルトだと毛嫌いするし、本は売れないのだという。それは現代においてもそうらしい。

けれどもすでに量子力学の世界では物質のミクロの様態を「粒子であり、波である」と言っているとのこと。これ以上分解できないミクロの世界は波なのだ。

古代インドではとっくの昔に物質を粒子の総合体として見るのではなくあくまでもエネルギーに満たされた全体世界と捉えていたと聞いた。

そしてこれこそが般若心経の真髄である「色即是空・空即是色」の意味するところなのだそうだ。

つまりこの世のあらゆる現象はあらゆる波動の変化、流動だと解釈できると玄侑宗久氏が書いていたのが印象に残っている。

現代語訳 般若心経 (ちくま新書 (615))

現代語訳 般若心経 (ちくま新書 (615))

ヒックス夫妻も版元のバウハウスにエイブラハムの教えから「波動」の単語を削除しないことを条件に出版することにしたという。

私も見たことはないし、実際にそれを見たことがある人はほとんどないのだろうけれど、エイブラハムは確かにその人の思考が発した「波動」が作用して物事を引き寄せると言っている。

すべては「波動」なのだと・・・。

インドで出会った賢者もそのようなことを確か言っていた。私から発せられているオーラやベールのようなものから過去や未来を読み取れるのだと。

しかしマーフィー本では波動の概念は出てこなかった気がするのだ。読み落としていたのか。

あくまでも現実的な自己暗示心理学の範囲内で教えられたような記憶しかない。もちろんマーフィー博士自身は超越的な人物だったに違いないのだけれど、このあたりがチャネリングで世界の成り立ちを目に見えない立場から語る教えと、根本的に違う点なのではないかと今回考えさせられた。

マーフィー本で不明瞭ば部分と、エイブラハム本で理解しづらい部分を双方を補いながら読み進めるのがいいかもしれない。

実際、マーフィー本では解せない点も少なからずあり、その不明瞭さこそが迷いの多かった時期に、スピリチュアルと距離をおいてしまった原因の一つだったように思う。